item

アンティーク家具通販の商品一覧

  1. >
  2. >

《メインの画像をクリックすると拡大した画像がご覧頂けます》

ウォールナットのバルーンバックチェア(1脚椅子) 英国のアンティーク家具

¥68,000 (税別)
 お問い合せ

背もたれの曲線が美しいイギリスのバルーンバックチェアです。毛足のあるイエロー系の張り地が、上品なウォールナット材に良くマッチしています。柔らかい曲線のシンプルなフォルムの中で、蔦をモチーフにした背もたれの装飾が目を惹く美しいバルーンバックのチェアです。

・座面は張替え済みです。
・脚の裏には フェルト をお貼りしています。ご不要の場合はお申し付け下さい。

*気になる箇所(大きなキズやシミ・補修跡等)は画像で紹介しておりすが、商品の特性上ご紹介出来ない細かなキズ等があります事をご了承下さい。

商品番号  A-4409
品 名  椅子
原産国  イギリス
年 代  1920年頃
材 質  ウォールナット
外 寸  幅 48.5 cm / 奥行 48.5 cm / 高さ 88 cm / 座面高 47cm

◆ 配送について ◆
ヤマトホームコンビニエンス「らくらく家財宅急便」の《 B ランク 》でお届けをさせて頂きます。
送料については、こちら をご覧ください。

商品の購入方法・配送についてはこちらをご確認ください。

※画像では伝わらない実物の良さを確かめに是非ご来店下さい。  来店予約はこちら

アルヴェールの「かけはし」です。こちらの商品は・・・

アルヴェールの「かけはし」です。
私はアルヴェールの商品のことを工房や販売スタッフから話しを聞き、少しでもみなさまにお伝え出来ればという思いから誕生したホームページの中にだけいるスタッフです。遥々海を渡り運ばれて来た品々を、この日本で探されている方のもとへご提供する、そんな「架け橋」になれれば、と言う思いから 私は「かけはし」と名付けられました。
よろしくお願い致します。

<バルーンバックチェアとは>


バルーンバックチェアとは、背もたれがバルーン(風船)のような丸い形状の椅子のことを言います。背もたれの中央部分が大きく開いたデザインもその特徴の一つです。丸く膨らんだ形には様々なデザインが施され、空間と美しい曲線の織りなす綾を楽しむことができます。19世紀のヴィクトリア時代から流行ったとされるバルーンバックチェアは、その頃の重厚なイメージとは違い、空間を上手く用いたその軽い雰囲気の形状から、お茶の時間などに使われる小さめで優雅なものが好まれていました。主にウォールナット材やマホガニー材などが使われ、上品で質のよいチェアとして作られていました。

<シンプルな美しい曲線>


バルーンバックチェアと言えば背もたれが風船のように丸い形状なのが特徴ですが、その曲線が美しいというのも見逃せませんね。優しく上品な椅子としてご婦人方に愛されたことでしょう。こちらのバルーンバックは、背もたれも脚もそのフォルムがとてもシンプルです。美しい曲線を楽しむということにおいてはベストなデザインだと思いますが、いかがでしょうか。蔦をモチーフにした背もたれの装飾が更に活きてくるというのも感じていただけると思います。

<お部屋の雰囲気で・・・>


照明を電球色にして、室内でご使用になられるときのような想定で撮影しました。落ち着いた柔らかい光の中でお使い頂けたらと思います。(画像をクリックすると拡大した画像がご覧頂けます)